ご先祖様のための霊園の選び方とは

ご先祖様のための霊園をどう選ぶか、まずお墓や葬儀の方法に日本には法律で決められています。お墓を建てるにはその場所の都道府県知事の許可が必要になります。一般的には墓地や霊園を活用します。お墓の土地は不動産とは異なる扱いで賃料や固定資産税がかかりません。永年にわたって利用できる権利を購入するので広さの割りに高い場合があります。それらの権利を買う決まりを守らないと撤去されてしまったりマンションなどを建てられたりしますので高くても規則は守りましょう。手続き許可証には3種類あり、死亡届け。

医師の診断による確実に死んでいることの届け、火葬許可証は無断で人体を焼くことのないよう許可証が要ります。決められた施設以外で火葬することは許されていません。死体埋葬許可証は焼いた方を埋めるための許可証です。これらがそろってやっと霊園の申込みができます。まず故人にとって安らかに眠れるような施設がオススメのため、時間に余裕があったら見学してみましょう。見晴らしのよいところ、春には桜が満開になり四季が楽しめるところが人気があるようです。中にはペットと長年暮らし、ペットと一緒に入れるお墓もあるようです。こういった場合は先に場所だけを決めておいてペットだけ先に入ってもらうということも可能なところがあります。その他特徴としては宗教問わず入れるということ。交通アクセスが便利でおまいりに苦労しないこと。常駐の管理人や責任者がいて防犯対策がされていること。自然災害によりお墓が壊れたときなどに入る保険が準備されていること、車椅子の方でも入れるようバリアフリー仕様になっていることです。お墓を建てる時期については、四十九日、一周忌などがあるようですが最近は不況などもあり生前に立てておくと子供の負担が少なくなるため、前もって建てる方も多いそうです。

お墓をお任せする霊園の管理者はどのような仕事をしているかについては、たとえば使用料の徴収や使用者の相続等の手続き、墓石工事の手配、墓石販売、販売の品質保持やメンテナンス管理等、これから利用になられる方の相談相手として、お坊さんなどの法事の手配などまでしてくださるそうです。心強い管理事務所がある霊園だと安心してずっと利用できそうです。長年使っているとメンテナンスも必要になってきます。風化したものを磨いたり、割れから水害を守る目地を修理したり見違えるようきれいなお墓になります。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

名前 *
メール *
Web サイト

*