後悔しない霊園選びについて

霊園というと、広大な敷地に整然と墓地が並ぶ光景を思い浮かべるのではないかと思います。実際行ってみるとそのとおりで、独特の厳粛な雰囲気に包まれた静寂な空間となっています。墓地は都市部では慢性的に不足しており、あちこちで造成されている一方で、散骨や樹木葬など墓地を必要としないなど葬送の自由を求める考えを持つ人々も増えています。

これから墓地を建立するため、霊園選びをするのであれば、変わりゆく葬送のあり方を十分に見据え、自分自身の考えを明確にした上で、選ぶ必要があります。墓地は、祭祀する者が所有することとされており、民法上も祭祀財産は遺産相続の承継の対象外となっています。祭祀する者は、嫡子嫡男である長男が承継するのが、一般的となっているので、家を出た次男以下の兄弟は、家の墓地に入ることができません。

家を出た嫡子嫡男以外の人々は、職を求めて都市部に集まる傾向が強いため、都市部では慢性的な墓地不足に困ることになるのです。しかしながら、近年の価値観の多様化により、嫡子嫡男以外先祖代々の墓には入れないという封建制度そのものの慣習を嫌う人も少なくはなく、墓地に対する考え方が大きく変容しています。その結果、平成の時代になってからは、自分だけのための墓を作るマイ墓、多数の人々といっしょに埋葬される合祀墓のような新しいスタイルの墓が出現しています。また、墓に焼骨を納めるのではなく、海や山に散骨したり、樹木の根元に埋めるなど、新しいスタイルの葬送が出現しています。従って、これから霊園を選ぶ際には、葬送に対する考え方がしっかりしていないと、永代使用料を支払った後にトラブルが発生することにもなりかねません。また、霊園は基本的には宗派を区別しないで利用できるものですが、境内墓地の延長の位置づけとして開発する場合もあり、特定の宗旨宗派を入信しなければ使用できない霊園も少なからずありますので、契約前には使用規則を確認する必要があります。最後に、霊園を選んだ後は、今後、一族の終の棲家として、末永く命日の際や彼岸や盂蘭盆の折に供養のため訪れることとなります。契約時には若くとも、いずれは誰しもが老いていきます。若い頃は、多少不便な場所でも、自動車で行くことができますが、年老いて運転が困難となれば、一人では行けません。このような事態を回避するためには、公共機関が通っているなど交通の便の良い場所に立地されている霊園を選ぶ必要があります。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

名前 *
メール *
Web サイト

*