管理の行き届いた霊園が理想的。

自分自身が霊園へ入る事になる時、自分にはもう一言も意見する力などはありません。それ故に自分は入る事になるであろう霊園は生前にしっかりと自分の目で見て納得のいく所に決めておきたい物です。人は生きている限りいつか終わりの時がきます。その時がいつであるのかは誰にもわかりませんし、全く突然訪れる可能性も否定できません。しかし、いつ起こるかわからない事に対して怯えてばかりいる事は得策では有りません。

出来る限り、必ず来るであろうその事柄を受け入れた上で差し迫った事でないのなら余り深く気にする事なく毎日を出来る限り前向きに過ごす事が得策と言えるでしょう。差し迫っていない時であるからこそ、深刻になりすぎる事なく自分自身の霊園なども選択する事が出来るのではないでしょうか。元々先祖代々入る所が決まっている場合などは考える必要もないかもしれませんが、自分で新しい土地財産などを築いた場合などには、自分が後に入る事になる所を選択する人もいるのではないでしょうか。最近でも時々テレビコマーシャルなどにおいて、新しい霊園などのCMを見かける事もあります。新しい所が開発されているという事は住宅供給同様に、霊園の需要もあるという事に他なりません。

最近では昔ながらの屋外でといった物とは違い、大きなビルなどで遺骨などを管理するシステムなどもあるようです。どういった対応が自分にとって望ましいかについては好みの問題もある為に一概にいえる所ではありません。しかしどちらも需要があるからこそ存在するのであり、人の感じ方などによって個人個人思う部分はある事でしょう。私個人の意見としては、予算の都合も考える必要はありますが、見晴らしの良い霊園が理想であると考えています。私自身が何かを見聞きする事はその地点ではないのでしょうから実際にはどちらでも良いとも考えてしまいますが、霊園などにお参りに来てくれる家族などがいる場合には、やはり見晴らしが良く、景色が綺麗な場所であれば暗い気分になるよりも楽しい気持ちになる事が出来るのではないかと思うのです。そしてより希望を言うならば、出来る限り管理の行き届いた所が良いという点につきます。どんなに広く、見晴らしが良かったとしても普段の管理が行き届いておらず、草などが生え放題の場所は余り好ましく感じられません。それならば狭くても眺望が悪くても、管理が行き届いておりいつもある程度清潔感が感じられる場所の方が好ましいと思えます。自分には実際には分からない部分であるからこそ、こだわりたい気持ちもあるのかもしれません。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

名前 *
メール *
Web サイト

*