霊園選びで気を付けるべきポイント

お墓というのは死後に納骨する場所というだけでなく、親戚や友人達がお参りに来てくれる場所でもあります。そのため霊園を選ぶ時にも、お墓参りに行き易いかどうかという面を十分に考慮するべきです。例えば電車やバスといった公共交通機関を使い行く事が出来るか、車で行く場合は駐車場を確保出来るか等、霊園の立地条件をしっかりと確認しなければなりません。更にそういった場合、墓地までの距離ではなく、移動時間で考えるのも一つの手であったりします。というのも交通の便が良ければ多少遠い所でも、移動時間は逆に短く済んだりするからです。

お墓参りのし易さという面では、霊園の環境も是非とも重視すべき事柄です。例えば傾斜がキツイ上に、階段に手擦りが付いていないような霊園ならば、お年寄りはお墓参りをするのが難しかったりします。なので出来るだけそういったバリアフリー化に気を使っている所を選んだ方が、色々な人がお墓参りに行ける分、良いお墓だと言えます。更にお墓というのは、基本的に外に作られているので、墓石は雨風にさらされる状態です。そのため、日当たりや風通しや水はけといった所が良い場所を選ぶと、清潔さを保ち易いし何より劣化を防げたりします。なのでそういった自然環境の面もしっかりとチェックしながら探すべきです。設備という面も、お墓を購入する前にしっかりとチェックすべき点です。なので出来れば、駐車場や水道設備というものは、最低限備わっていた方が後々困りません。他にも送迎バスや休憩所、或いはお花や線香を購入するための売店等、設備が整っていると何かと便利だったりします。そのため、利便性の面も十分にチェックすべきです。加えて墓地の管理体制という面も、チェックすべき重要ポイントの一つだと言えます。そのチェック項目としては、清掃は行き届いているか、墓参り道具はきちんと整理整頓されているか、植え込みや芝の手入れはきちんと行われているか、係員の対応はどうかといった点です。

霊園を見学に行った際には、これらを忘れずにチェックすべきです。更に宗教や宗派というのも、お墓を探す上で確認すべき重要な事です。というのも、霊園の中には、同じ宗教や宗派を持つ人以外は、受け入れて貰えないという場合があります。なのでいくら立地条件や周辺環境が魅力的でも、宗教の違いにより、断念せざるを得ない場合もあります。更に購入時には宗教や宗派は関係なくても、購入後はその宗派に入らなければならないという場合もあります。こういった点は、特に民営の霊園だと注意しなければいけません。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

名前 *
メール *
Web サイト

*